寝室での利用に相性バツグン。Amazon Echo Flex !!

スマート家電

7743chへようこそ。

本日はAmazonのEcho Flexのご紹介をしていきたいと思います。

Amazon Echo Flexとは?

以前、Google Nest Hubのレビューをした際に書いたEcho Show 5 のディスプレイがなくなったものです。

Google Nest Hubをリビングに置いた結果…!
自宅のリビングのプチリノベーションを行ったついでに Googleから発売されているスマートディスプレイのGoogle Nest Hubを購入し置いてみました。スマートディスプレイとはスマートスピーカーは最近色んな会社から出...

このEcho Flexはコンセントに差し込んで使うタイプで、寝室などスマートホーム化するときのトリガー用として使う目的であればかなりオススメ出来る商品です。

Echo Flex を選んだ理由。メリット・デメリット

まずはかんたんにEchoFlexを選ぶメリットとデメリットをまとめていきます。

メリット
  • 価格が安価(掲載時通常価格2,980円)
  • コンセントに直接差し込んで使うタイプなので置き場所に困らない
  • USBポート搭載で別売りのナイトライトモーションセンサーを別途接続可能
デメリット
  • スピーカーが決して良いとは言えないレベルの音質
  • 壁のコンセントの形状によっては邪魔になる

メリットに関して

なんといっても他と比べて安い価格になっていることです。

古いタイプのGoogle Home miniが時たま2,000円と安くなっていることはありますが、それを除けばEcho Flexがダントツで安いです。

ちなみに記事を書いている現在の最新のGoogle Next mini はだいたい5,000円くらい。

 

我が家では寝室でのみ利用していますが、今後空き部屋を子ども部屋を改装予定なのでEcho Flexを導入しようか検討しています。

寝室で利用していて一番助かるのがUSBポートがついていることです。

USBポートへEcho Flex用のナイトライトを接続してベッドボードライトとして使用しています。

音声またはAlexaアプリを使用してコントロールできる6つのRGB LEDを備えており、調色(16色)・調光(1~100%)が可能になっています。

Amazon.co.jp: 【Echo Flex用】 Third Reality スマートナイトライト (Made for Amazon認証取得) : Amazonデバイス・アクセサリ
Amazon.co.jp: 【Echo Flex用】 Third Reality スマートナイトライト (Made for Amazon認証取得) : Amazonデバイス・アクセサリ

こちらのモーションセンサーは接続すると、人が通ったときにアクションを起こすなどのトリガーとして利用することができるようになります。

たとえば廊下などへ設置し、人が通ったときに自動で電気をつけるなどといったことが可能になります。

Amazon.co.jp: 【Echo Flex用】 Third Reality スマートモーションセンサー (Made for Amazon認証取得) : Amazonデバイス・アクセサリ
Amazon.co.jp: 【Echo Flex用】 Third Reality スマートモーションセンサー (Made for Amazon認証取得) : Amazonデバイス・アクセサリ

また、USBポートは常時電源供給のようですので、私が利用しているSwitchBotなどUSBから電源を取るタイプのスマートリモコンであればそのまま接続いただくことも可能です。

余談ですが我が家ではSwitchBot hub miniSwitchBotデジタル温湿度計をセットで使っています。

こちらについての記事はまた別でまとめますね。

Amazon.co.jp: SwitchBot スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Alexa - Google Home IFTTT イフト Siriに対応 SwitchBot Hub Mini: ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、SwitchBot スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Alexa - Google Home IFTTT イフト Siriに対応 SwitchBot Hub Miniをホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配...
Amazon.co.jp: 【Works with Alexa認定】SwitchBot 温湿度計 デジタル スマート家電 高精度 スイス製センサー スマホで温度湿度管理 梅雨 熱中症対策 アラーム付き グラフ記録 Alexa、Google home、HomePod、IFTTT に対応(ハブ必要): ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、【Works with Alexa認定】SwitchBot 温湿度計 デジタル スマート家電 高精度 スイス製センサー スマホで温度湿度管理 梅雨 熱中症対策 アラーム付き グラフ記録 Alexa、Google home、HomePod、IFTTT に対応(ハブ必要)をホーム...

この記事をまとめていると上記2点がセール+5%OFFクーポンで安くなっていて思わず追加で一つずつ買っちゃいました(笑)

本題へとっとと戻ってください。

デメリット

話を戻しましてデメリットに関してですが、まずは音質

ニュースを読み上げてもらったりする分にはよいのですが、音楽を聴くとなると正直ひどいと言われてもいいくらいの音質です。(商品説明にもしっかり書かれています。)

こちらの対策がきちんとされているのがさすがAmazon。

3.5mm AUXオーディオ出力端子Bluetoothがあるので、外部スピーカーを接続することもできますので既にスピーカーを持っていてAlexaで音楽を再生したい方も検討していただいてもよい製品だと思います。

次に、コンセント問題

Echo Flexだけではなくコンセント直差しタイプのあるあるですが、邪魔になって他のコンセントが使えなくなることがあります。

我が家ではPanasonicさんのザ・タップQザ・タップシリーズ専用ホルダーを使って壁に固定してそこへEcho Flexを設置しています。


私の場合すぐ近くにコンセントがあったので1mでたりましたが、ザ・タップQは1m、2m、3m、4mのラインナップがありますので長さを合わせていただければと思います。

ザ・タップQ商品一覧

▼2m

▼3m

▼4m

まとめ!Echo Flexはコスパの良いスマート

既にスピーカーがあって利用場所で音楽を聞く方や、Echo Flexでは音楽は聞かない方はEcho Flexがコスパが良い製品だと思います。

また、スピーカーを持っていない方で設置場所で音楽も聞きたいそんなあなたは、Echo dotGoogle Nest mini などを検討していただくとよいと思います。

Amazon.co.jp: Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール + Amazon Music Unlimited(個人プラン6か月分 *以降自動更新) : Amazonデバイス・アクセサリ
Amazon.co.jp: Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール + Amazon Music Unlimited(個人プラン6か月分 *以降自動更新) : Amazonデバイス・アクセサリ
タイトルとURLをコピーしました